食卓 - 大阪市中央卸売市場 -

HOME / 特集!旬の食材レシピ
薩摩芋(サツマイモ)
主に芋の部位が利用されるが、葉や茎も食用にできる。
でんぷんが豊富で、エネルギー源として適している。また、ビタミンCや食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長がある。
長時間加熱すると甘味が増す。石焼き芋やふかし芋はこの性質により甘味を最大限引き出す調理法である。

さつま芋と栗のティラミス

35分

365Kcal(1人分)

旬の食材レシピ バックナンバー

材料4人分

[さつまいものティラミス]
└ さつまいも 50g
└ マスカルポーネチーズ 100g
└ 生クリーム 50ml
└ 砂糖 15g
└ バター 5g
[くりのティラミス]
└ むき栗 50g
└ マスカルポーネチーズ 75g
└ 生クリーム 75ml
└ 砂糖 15g
└ バター 5g
[デコレーション]
└ チョコレートフレーク菓子 10g
└ 栗の甘露煮 適量
└ ラズベリー 適量
└ ココアパウダー 適量
└ ミント 適量

料理の作り方

  • [1]

    〜 さつまいものティラミス 〜
    さつまいもの皮をむき、約1.5㎝の角切りにして、バターと共にラップした後、竹串がすっと通る程度にやわらかくなるよう、様子を見ながら電子レンジで加熱する。

  • [2]

    熱いうちに、すり潰し、砂糖10gを混ぜておく。

  • [3]

    粗熱が取れたら、[2]にマスカルポーネチーズを加える。

  • [4]

    生クリームに砂糖5gを加えて、八分立にする。

  • [5]

    [4]に[3]を加え、さっくりと混ぜ合わせる。

  • [6]

    〜 栗のティラミス 〜
    [1]~[5]と同様の工程を行う。
    但し、栗は、そのままか又は半分にして加熱する。

  • [7]

    〜 盛付 〜
    斜めに傾けたグラスに、4等分した栗のティラミスを入れ、表面を平らにならす。

  • [8]

    グラスを傾けたまま、栗のティラミスの上に、砕いたチョコフレーク菓子を薄く敷き詰める。

  • [9]

    その上に、4等分したさつまいものティラミスを重ねて、グラスを縦に戻す。

  • [10]

    栗の甘露煮、ラズベリーをのせ、ココアパウダーを振りかけ、ミントを飾る。

お料理のポイント

グラスを傾けて盛り込むと、二つのティラミスの境界線が斜めに走り、ちょっとおしゃれな演出になっています。
もちろんお皿に盛りつけたり、さつまいもだけ、又は栗だけのティラミスにするのもOK、ご自由にお楽しみください。
イタリア語でティラミスとは、「私を引っ張り上げて」、転じて「私を元気付けて」の意味。

[4]生クリームを加えて混ぜる

[8]グラスにチョコレートフレークを入れる

[8]ティラミスを重ねる

レシピ作成

シェフ(撮影当時)根来隆夫

[場所]

リーガロイヤルホテル アネックス7階

[営業時間]

ランチ・・・・ 11:30~14:30
ディナー・・・ 17:30~21:30(LO 21:00)

大阪市北区中之島 5-3-68

tel:(06)6448-1121

fax:(06)6448-4414