食卓 - 大阪市中央卸売市場 -

HOME / 特集!旬の食材レシピ
鱸(スズキ)
産卵期である冬に、多獲されて多く市場に出回るために旬が冬とされることがあるが、この時期には生殖腺に栄養が多く要求されるために体は痩せて肉質は非常に悪い。スズキの肉質がよくなるのは夏で、夏のスズキはよく太って非常に美味である。

スズキのポワレ夏野菜のタブレ

40分

150Kcal(1人分)

旬の食材レシピ バックナンバー

材料4人分

スズキ 70g程度を4切
バジル 4枚
オリーブオイル 20g
[ラタトゥイユ]
└ 赤パプリカ 30g(1/4個程度)
└ 黄パプリカ 30g(1/4個程度)
└ 玉ねぎ 30g
└ なす 30g
└ ズッキーニ 30g
└ ホールトマト 1缶
└ にんにく 少々
└ オリーブオイル
[クスクス]
└ クスクス 100g
└ 水 100g
└ 塩 2g
└ オリーブオイル 10g

料理の作り方

  • [1]

    クスクスを作る・・・鍋に入れて沸かした水・塩・オリーブオイルをクスクスにかけて、蓋又はラップをかけ、10分ほど蒸らす。

  • [2]

    ラタトィユを作る・・・鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、火にかけて香りを出し、野菜を炒める。ホールトマトを砕いて鍋に加え、煮込む。
    クスクスと混ぜ合せるため、汁は多めに仕上げる。

  • [3]

    クスクスとラタトィユを混ぜて皿に平たく盛る。あれば、目玉焼きやパンケーキに使うリング等で丸く型取る。

  • [4]

    スズキを焼く・・・フライパンにオリーブオイルをしき、塩をふったスズキの皮目を下にして、こんがりと焼く。
    スズキの身に、スプーン等でオリーブオイルを掬いかけながら、身は返さず十分に加熱する。最後に身を返し、軽く焼くと出来上がり。

  • [5]

    タブレの上にスズキを盛付け、乾燥させたバジルを砕いて散らす。

お料理のポイント

タブレとは、野菜やミント等とクスクスを混ぜたサラダのこと。盛付例のように丸く型取らず、付け合わせのように、スズキの横に盛り付けてもOKです。

スズキを焼く際、フライパンのオリーブオイルをかけながら加熱することにより身が硬くなりにくく、おいしく仕上がります。

魚を焼く際、風味豊かに仕上げたい場合にはオリーブオイルを、より魚の味を生かしたい場合にはグレープシードオイルをと、オイルを使い分けるのもオススメです。

バジルはパリパリに乾燥するまで、様子を見ながら電子レンジで10秒づつ加熱しておく。

[2]野菜を炒める

[2]トマトを加える

[3]クスクスとラタトィユを混ぜ合わせる

[4]スズキを焼く

レシピ作成

総料理長 太田昌利

[場所]

リーガロイヤルホテル タワーウィング29階

[営業時間]

ランチ・・・ 12:00~14:00
ディナー・・ 18:00~21:30(ラストオーダー 21:00)
※ディナータイムは前日までの予約制です。
※ご利用は中学生以上のお客様に限ります。
※ドレスコードがございます。

大阪市北区中之島 5-3-68

tel:(06)6448-1121

fax:(06)6448-4414