食卓 - 大阪市中央卸売市場 -

HOME / 特集!旬の食材レシピ
鰤(ぶり)
日本では重要な食用魚であり、各地の文化や産業に深く関わる。
旬は産卵期前で脂が乗る冬とされており、日本ではこの時期のブリを特に「寒ブリ」と呼ぶ。
出世魚で縁起が良いこともあり、西日本では御節料理に欠かせない食材とされている。

鰤の酒粕煮

60分

679Kcal(1人分)

旬の食材レシピ バックナンバー

材料2人分

2切れ(100g×2)
角揚げ 4個
小かぶら(又は 大かぶら) 2個(1/4個)
ニンジン 5cm
菊菜 1/2束
柚子 適量
鰹だし 600cc
酒粕 200g
200g
白味噌 40g
淡口しょうゆ 10cc
七味唐辛子 適量

料理の作り方

  • [1]

    酒粕と酒を入れ一中夜漬けし、すり鉢ですりつぶす。

  • [2]

    鰤切り身は2つ〜3つに切り、振り塩をして15分間置き霜降り(熱い湯にくぐらす)をする。
    冷水に取り冷えたらふきんで水分を取る。

  • [3]

    角揚げは熱湯を掛け油抜き。

  • [4]

    かぶらは皮を剥き4つ切りにし、米のとぎ汁で下茹でする。

  • [5]

    ニンジンは1cm幅に切り、梅にんじん抜きにして下茹でする。

  • [6]

    菊菜は塩茹でし冷水にさらし水分を飛ばす。

  • [7]

    柚子は皮を剥き千切りにし水につけておく。

  • [8]

    鍋に鰹だしを入れ、[2][3]を入れ火にかける。
    煮立ったらアクを取り[1]を1/2入れ弱火で15分間炊く。
    その後[4][5]を入れ残りの[1]と白味噌を加えてさらに10分間炊き、淡口しょうゆで味を整える。

  • [9]

    器に[8]を盛り[6][7]を添える。

お料理のポイント

鰤のあらもいっしょに使うとより旨味が増します。
又、鮭や、金時人参を使ってもおいしいです。

[1]酒粕と酒をすりつぶす

[2]鰤に霜降りをする

[8]白味噌を加える

レシピ協力

祥雲 (SHO-UN)

〒542-0083

大阪市中央区東心斎橋1-6-23

清水町会館1F

TEL/FAX:06-6252-8808