食卓 - 大阪市中央卸売市場 -

HOME / 特集!旬の食材レシピ
鱈(たら)
日本ではマダラ、スケトウダラ、コマイなどがいるが、単に「タラ」と呼んだ場合はマダラを指すことが多い。
12月から2月までの厳寒期が旬で、身は脂肪が少なく柔らかい白身で大変美味である。

鱈と茸の蒸しもの -吉野餡-

45分

153Kcal(1人分)

旬の食材レシピ バックナンバー

材料2人分

鱈切り身 2切れ(100g×2)
えのき茸 1袋
椎茸 2枚
菊菜 1/2束
銀杏 6粒
大根 5cm
柚子 適量
ニンジン 2cm
水溶片栗粉 適量
[A]
└鰹だし 300cc
└淡口しょうゆ 大さじ1杯
└みりん 大さじ1杯
└酒 大さじ1杯
└塩 小さじ1杯

料理の作り方

  • [1]

    鱈切り身は2つに切り薄塩を振り15分間置き、霜降り(熱い湯にくぐらす)して冷水に取る。 冷えたらふきんで水分を取る。

  • [2]

    えのき茸を2等分に分ける。椎茸はいしずきを取る。

  • [3]

    ニンジンは4枚に切りもみじ形にぬいて下湯でする。

  • [4]

    銀杏は鬼皮をとり、鍋に入れて少量の水と塩を入れ中火にかけ、穴空きオタマでこすりながら淡皮をとり水にさらす。

  • [5]

    菊菜は塩茹でし水にさらししぼる。

  • [6]

    大根はおろして水気を切り柚子の表面をすりあわせる。

  • [7]

    1人前の器に[1]を盛り酒を適量ふりかけ、蒸気のあがった蒸し缶に入れ強火で3分、弱火で7分間蒸す。

  • [8]

    [7]に[2]をかぶせさらに3分間中火で蒸し、[4][5]を盛りつける。

  • [9]

    調味料(A)を鍋に入れ火にかけ水溶片栗粉を引きあんを作る。

  • [10]

    [8]に[9]をたっぷりかけ[6]をのせる。

お料理のポイント

電子レンジを使用するときは、1人前の器に[1]を盛り、酒をふりかけラップをかけ、穴を少しあけ3〜4分加熱する。
[2][3]を盛りさらに2分加熱。

[1]鱈を霜降りにする

[4]銀杏の淡皮をとる

[7]酒をふりかける

レシピ協力

祥雲 (SHO-UN)

〒542-0083

大阪市中央区東心斎橋1-6-23

清水町会館1F

TEL/FAX:06-6252-8808