食卓 - 大阪市中央卸売市場 -

HOME / 特集!旬の食材レシピ
茄子(なす)
平安時代に「奈須比(なすび)」として伝わった茄子(なす)は、インド東部を原産地とする。日本の食文化とも馴染みが深く、品種によって色んな楽しみ方があります。焼きなす、煮びたし、浅漬け、しぎ焼き、なす田楽、麻婆茄子などが人気。大阪の泉州水茄子は、生食できる茄子として有名で、皮を剥いでみそだれで食べられる。

なすの南蛮風

30分

219Kcal(1人分)

旬の食材レシピ バックナンバー

材料4人分

なす 4本
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/5本
青ねぎ 2本
にんにく 1/2片
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ1
砂糖 大さじ1/2
一味唐辛子 少々
大さじ4
揚げ油 適宜

料理の作り方

  • [1]

    なすは3cm厚さに切りにし、水にさらしてあくを抜く。なすの水気をふいて170℃の油で揚げる。

  • [2]

    鍋にみじん切りにしたにんにくと調味料を入れて煮立て、せん切りにした玉ねぎとにんじんを加えてさっと煮る。

  • [3]

    [1]のなすが熱いうちに[2]の鍋に加え、煮汁をからめたら火を止めて味をなじませる。

  • [4]

    器に盛り付け、小口切りにした青ねぎを散らす。

お料理のポイント

あつあつでも、つめたく冷やしてもおいしくいただけます。

[1]なすを水にさらしてアクを抜く

[1]なすを揚げる

[2]玉ねぎ・にんじんを入れて煮る

 

レシピ協力
大阪市立環境科学研究所附設栄養専門学校 同窓会有志みどり会